運のいい人、運の悪い人

こんばんは!ハヌマーンです。

昨日はブログ書いたつもりがスッカリ忘れてました、、、。


さて、今日は「運の良い人と運の悪い人の違い」についてです。

これは、何かで読んだのですが、「運の良い人」は、自分が容易に出来る事(得意な事)や必要な事にのみ集中し、「運の悪い人」は、自分が苦手な事(不得意な事)や不必要な事にも集中してしまうんだそうです。

これを読んでいて、「あぁ、これってトレードの世界にも当てはまるな。」と思いました。

自分の過去にも当てはまるのですが、トレードであまり上手くいってなかった時というのは、苦手な局面や別にやらなくてもいいような局面(小幅レンジの保ち合い等)でも手を出していました。

俗にいう、「ポジポジ病」ってやつですね(笑)

逆に上手くいっている時、コンスタントに勝ててる時というのは、自分が得意としているチャートパターンだったり、トレンドがしっかり発生してる時だったり…。

ようは、取りやすい局面でしっかり集中して、他は休んでるんですよね。

これ、すごーく大事な事だと思います。

うちのサークル(デイトレ倶楽部や株の道しるべ)のメンバーの方をみててもそうです。

この人うまいなーって思う人は、ご自身の得意なチャートパターンというのをしっかり把握してる。

そして、特に動いてない時は、しっかり休んでる。

逆に、まだまだだな。と思う人は(上から目線に感じたらスミマセン^_^;)、特に株価が動いてもいないような局面でも、必死になって取りにいこうとしてる。

これってすごく損な事なんですよね。

株って基本的には、ポジションを持った瞬間にマイナスです。
(手数料もかかりますし、買いポジションなら売り板にぶつけないとダメですからね。)

なので、しっかり取れると思えるポイントだけ集中する方が効率的です。

ストレスもかかりますしね。

これを意識してやるだけでも、だいぶ成績って変わってくるんじゃないかなぁと思います。

「休むも相場」という格言があるくらいです。

「待つ」ことも、トレーダーに取っては大事な仕事だと思いますよ。

上手くいっていない人は、「待つ事」「得意な事」を意識してトレードしてみましょう。

きっと成績が変わってくると思います。


というわけで、今日は「運の良い人と運の悪い人の違い」についてでした。


関連記事

コメント一覧

1. 無題

ハヌマーンさんの記事に思わず「ビビッ!」ときてしまいました(笑)
「株はポジションを持った瞬間にマイナス」
この考えは僕にはありませんが、確かにその通りでとても大切なことですね。
大いに反省する点ありです!
大変ためになるお話ありがとうございました^^

2014-11-10 18:12 : 兼業投資家 ゆめの だいすけ : 編集

2. Re:無題

>兼業投資家 ゆめの だいすけさん

コメントありがとうございます^^
まずは自分を知る事が大事ですね♪

ではでは♪

2014-11-10 18:25 : 株初心者を導く!株の道しるべ : 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

株の道しるべ

Author:株の道しるべ
投資初心者を勝利へ導きます。

ランキング参加中

お礼
いつも応援の一票ありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

キャッシング 総返済額